楽曲への伝言

アクセスカウンタ

zoom RSS 混声合唱団ついにデビュー!

<<   作成日時 : 2010/06/19 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



光陽台公民館で立ち上げた混声合唱団は、当初、五人からスタートしたのですが、現在では、団員が10名になっています。指導をお願いしている先生は、以前、記事に書きました諸冨善美先生です。

もともと、僕が団員になるということはありえないことでしたが、悪妻が三日坊主で団を辞めたので、先生を紹介した合唱団の練習状況が心配になって駆けつけたことから、気が付いたら熱心な団員の一人になっていました。

悪妻は、腹式呼吸が出来ないと言って、カラオケ同好会に入って色々と機器などの操作のお世話をしているようです。

まあ、僕はそれでも公の場で歌うことはないだろうと高を括っていましたが、3月頃に公民館でのサークル発表会といった企画が出来て、それに参加する羽目になったのです。

最初は、こんなレベルで人前に出て歌うなんて・・・と、首を傾げて、乗り気ではありませんが、やはり、人前で歌うとなれば、どうしても練習に身が自然と入ってきます。(これはプラスでした)

リーダーがもともと、コーラス経験者ですから、こうした話は積極的です。

画像


僕は、どちらかというと発表会が終われば、懇親会があるから一杯飲めると期待していますから、そちらがとっておきの楽しみです。

聴衆の前に立つと言うのは、当然緊張しますがどちらかというと、皆で歌うからあまり緊張は感じられません。どちらかというと、興奮した方です。

最初の一曲目は、「野ばら」でしたから余裕で来客の知っている人の顔と目を見て目で合図を送りながら歌いましたから、先生の指揮はあまり見ていません。(笑)

でも、「てんとう虫のサンバ」からは、指揮をきちんと見て歌いました。最後の「昴」は、気持ちが高揚して歌い終えました。僕らの混声合唱のプログラムが最後でしたので、最後は「四季の歌」で聴衆と一緒に合唱しました。

画像


[ 団員と聴衆に拍手を贈る諸冨善美先生 ]

諸冨先生の声量は素晴らしく、全体の歌声を包み込む感じでした。

終わってみると、ひとつの充実感が漂っていました。

でも、後日、今度はクリスマスコンサートをやろう!という声が上がって・・・やれやれと思いました。(笑)

by 大藪光政



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
混声合唱団ついにデビュー! 楽曲への伝言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる